節電の取り組み例

・冷蔵庫の温度設定を確認しましょう。また、庫内が均一に冷えるように、常温保存できるものは冷蔵庫から出したりしながら、すき間を空けて食品を入れましょう。

・厚手のカーテンや床まで届く長いカーテンを利用して、暖房効果を高めましょう。

・エアコンのフィルターは定期的に清掃しましょう。

・ひざ掛けを使って過ごすなどのウォームビズを実践しましょう。

・不要な照明はこまめに消しましょう。

・パソコンやコピー機など、省エネモードに設定しましょう。画面の輝度を下げるなど、設定を確認しましょう。

・テレビを視聴しない時はこまめに消しましょう。適切な明るさで視聴しましょう。

・家族で間隔をあけずに入浴したり、浴槽にフタをしてためたお湯の熱を逃がさないようにしましょう。

・便座は、放熱防止のためフタをきちんと閉めるよう心がけましょう。また、お出かけ前や就寝前は節電モードを上手に使いましょう。

関連情報

省エネポータルサイト(外部サイト)

参考資料

pdfファイル「ご家庭でも省エネに取り組みましょう」をダウンロードする(PDF:729kB)

pdfファイル「オフィスでも省エネに取り組みましょう」をダウンロードする(PDF:722kB)